子供の歯を守れるのは保護者の方だけですKIDS

子供の歯を守れるのは保護者の方だけです

子供の歯は構造上、大人の歯よりもむし歯になりやすいと言えます。さらに、むし歯になってしまった場合に進行が早いのも特徴のひとつ。幼少期のお口のトラブルを放置してしまうと、その後生えてくる永久歯にも悪影響がおよぶ場合があるので気をつけましょう。

しかし、小さいお子さんが自分の歯の健康を自分で守るのはとても難しいもの。そこで、上手に活用していただきたいのが、歯科医院の小児歯科です。二子玉川の歯医者「歯いしゃのケンさん」の小児歯科では、親御さんと二人三脚でお子さんの大切な歯を守るお手伝いをしています。

小児歯科の大切さ

1.大人になってからも健康な歯でいるための予防習慣を身につける 子供の頃からしっかりむし歯・歯周病の予防を意識した習慣を身につけることで、大人になってからもずっと健康な歯でいられるようになります。
2.成長する力を利用してきれいな歯並びを実現できる

矯正治療においては、顎の成長を利用することで効果的にかつ負担の小さい形で、歯並びなどを改善することができます。

小児矯正の詳細はこちら
3.口腔内にトラブルを招き得るリスクを早期に除去できる 骨格や歯の発育に悪影響のある習慣やクセを早いタイミングで見つけ直していくことで、口腔内トラブルの原因を早期に回避できます。
当院の小児歯科のこだわり

当院の小児歯科のこだわり

当院ではお子さんに楽しく通ってもらえるよう、キッズスペースをご用意しています。多くの歯医者では待合室の横にキッズスペースがあることが多いですが、当院では親御さんに安心して治療や処置を受けていただくため、キッズスペースを診療室内に設けています。診療中も子供と同じ空間にいられれば、目で見て声を聞けるので安心。お子さんも、親御さんがどこにいるかわかるのでリラックスできます。

また、入り口は段差をなくした設計にしてありますので、ベビーカーをご利用の方もご来院しやすい環境です。兄弟姉妹がいる場合なども、安心してご利用いただけます。

当院の小児歯科治療への取り組みについて

小児歯科メニュー

フッ素塗布
フッ素塗布 むし歯の発生を防ぐためにフッ素塗布を行い、歯質の強化と歯の再石灰化を促します。定期的にフッ素塗布を行うことで、むし歯の予防効果が高まります。
シーラント
シーラント シーラントは歯ブラシが届きづらい奥歯の溝に対し、あらかじめレジン(歯科用プラスチック)を埋めておくことでむし歯を防止する処置です。乳歯にも、生えたての永久歯にも有効です。
ブラッシング指導
ブラッシング指導 むし歯の予防には毎日の歯みがきがもっとも大切です。お子様の歯の状態に合わせた指導を行い、正しい歯みがきの方法を覚えていただきます。また、親御さんには仕上げみがきの方法もお教えします。

お子様の歯並びが気になる方へ

お子様の歯並びが気になる方へ

出っ歯・すきっ歯・受け口などの歯並びの乱れは、見た目が良くないだけでなく、お口の健康にさまざまな悪影響をおよぼす場合があります。また、咬み合わせの悪さがお子さんの全身の健康や正しい成長に害を与える可能性も……。このようなことから、矯正治療で歯列を正しく導くことは、お子様のお口の健康を守るだけでなく、健やかな発育にも大切だと言えます。当院では、それぞれのお子様に合わせた矯正治療をご案内しておりますので、まずはお子さんと一緒にご来院ください。

小児矯正 (料金:70,000円~)

顎誘導や拡大を行い、将来的な抜歯のリスクを減らしたり
大人になってからの矯正を簡単にすることができます。

叢生(そうせい)

歯がデコボコに生えている状態のことをいい、八重歯もその一種です。
※写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 治療前叢生 治療前

  • 矯正装置叢生 矯正装置

  • 治療後叢生 治療後

上顎前突

上の前歯が大きく前に突き出している状態のことをいいます。
※写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 治療前上顎前突 治療前

  • 矯正装置上顎前突 矯正装置

  • 治療後上顎前突 治療後

下顎前突

下の歯が上の歯より前に出ている状態のことをいいます。

開咬

奥歯を噛み合わせたとき、上下の前歯が閉じずに開いている
状態のことをいいます。

  • 永久歯への生えかわり
  • 治療終了
  • 本格治療
MFT(口腔筋機能療法)

お口まわりの筋肉(舌、唇、顔面の筋肉など)を強くしてバランスを整え、正しく機能させるため
のプログラムです。矯正装置を使用せずとも、筋機能療法のみで不正咬合がある程度改善することも
ございますので、お気軽にお問い合わせください。

小児矯正のメリットについて
顎の成長を利用できる 成長期の顎の発育する力を利用できるので、キレイな仕上がりが実現できる確率が高まります。
顎の正しい成長を助ける 顎の成長を正しく促すので、顎や顔のゆがみに対しても良い影響を与えられます。
歯を抜かなくてよくなる可能性が高い 大人になってからの矯正では抜歯が必要となる場合も多くなりますが、小児矯正を受けることで抜歯を回避できる可能性が高まります。
治療期間が短くなる 成長期に治療を行うことで、大人になってからの矯正期間を短縮できる可能性が高くなります。
手術の可能性が低くなる 顎が正しく成長することにより、将来的に手術が必要な治療を避けられる可能性が高くなります。
コンプレックスをなくせる お子様が歯並びにコンプレックスを持つと、性格などにも大きな影響をあたえる場合があります。矯正治療によってこうした悩みをなくすことができます。

矯正歯科についてはこちら