お子様の歯の健康を守るためにLECTURE

お子様の歯の健康を守るために

二子玉川の「歯いしゃのケンさん」では、生まれたての赤ちゃんや小学生の矯正治療、その他子供の歯に関するさまざまなお悩みを全力でサポートしています。少しでも気になることがあれば、どうぞお気軽にご相談ください。こちらのページでは、お子さんの歯の健康を守るために親御さんに知っておいていただきたいポイントや、当院の歯科治療の取り組みについてご紹介します。

乳歯が生えたら歯医者さんに行きましょう

乳歯が生えたら歯医者さんに行きましょう

乳歯が生え始めたら、そこから歯科医院とのお付き合いのスタートです。目安としては生後6ヵ月頃、下の前歯がニョキッと顔を出し始めた頃。しかし、「乳歯だから(放っておいても)大丈夫」「まだむし歯がないから歯医者には行かない」といった理由で、歯が生えたお子さんを歯医者へお連れにならない親御さんも多いようです。むし歯になってからではお子さんに少なくない負担がかかるでしょう。大人の歯と同様、子供の歯もむし歯予防が大切です。

Pick Up! お子様を歯医者嫌いにしないために

Pick Up! お子様を歯医者嫌いにしないために

小児歯科には、むし歯から乳歯を守るだけでなく、お子様を「歯医者嫌い」にしないという目的もあります。むし歯治療には少なからず痛みがあるものです。それがトラウマになると、歯医者に対して恐怖心が芽生え、予防や早期治療が実現できなくなるかもしれません。大切なお子さんが大人になってからお口のトラブルで困らないように、痛くない処置のみで済む予防歯科から歯医者通いをはじめるのがおすすめです。

気をつけたい母子感染

気をつけたい母子感染

子供がむし歯になってしまう原因として挙げられるのが「母子感染」です。そもそも、生まれたての赤ちゃんのお口の中にむし歯菌はいません。お母さんとのキスやスプーン・箸・コップなどの共有によって、お口の中に持ち込まれてしまうのです。とはいえ、母子感染に気をつけるあまりお子様とのスキンシップが減ってしまうようでは良くありません。そのため、お子様用の食器類を用意する他、ご家族全員が口腔内ケアに努めることが重要と言えるでしょう。

大人の予防歯科はこちらから

Pick Up! これから赤ちゃんが生まれる方は……

Pick Up! これから赤ちゃんが生まれる方は……

もしもこれから新しい命が誕生するのであれば、むし歯治療をご家族全員で行っておくことをおすすめします。「今はむし歯がないから……」といって安心してはいけません。定期検診を受けるなどして、健康的な口腔内環境を整えてから万全の状態で赤ちゃんを迎えてあげましょう。また、妊婦さんの場合には治療のタイミングや方法が異なります。まずは妊婦さんのための歯科治療について詳しく知りましょう。

妊婦さんの歯科治療講座

子供が歯医者を好きになる取り組み

当院ではお子様が楽しく歯科治療を受けられるよう、以下のような工夫をしております。歯医者を好きになってもらい、より良い治療が受けられるような取り組みです。

キッズルームの設置
当院ではお子さんが自分の診療やお母さんの診療を遊んで待てるキッズルームをご用意しています。歯医者を楽しい場所だと思ってもらうための取り組みです。広いスペースをご用意しているので、安心して遊ばせられます。
怖い白衣は着ていません
白衣は「お医者さん」というイメージが強いため、お子さんにとっては怖く映るかもしれません。当院では、こうした印象を持たれないために白衣を着ていません。
カラフルで楽しいレントゲン室
レントゲン室は密室となるので、お子さんにとっては怖い場所かもしれません。当院のレントゲン室はカラフルな配色になっており、恐怖を感じさせないように配慮しています。
がんばった後はご褒美をプレゼント
がんばって治療を受けたお子さんには、当院からちょっとしたご褒美をプレゼントしています。「○○が欲しいから歯を治す」といった動機付けになればと考えております。

当院の小児歯科についてはこちらから