妊娠中はお口の環境も変わりますMATERNITY

妊娠中はお口の環境も変わります

つわりやホルモンバランスの変化が起こる妊娠中は、さまざまな原因によってむし歯や歯周病のリスクが高くなります。そのため口腔内の状況をしっかり把握し、適切なケアを行うことが大切です。症状を放置すると、妊婦さんの健康だけでなく、お腹の中の赤ちゃんに悪影響をおよぶ可能性もありますので、まずは妊娠したら二子玉川の「歯いしゃのケンさん」にご相談ください。

妊娠中に治療を受けられるのはいつ?

妊婦さんの歯科治療は5~8ヶ月の妊娠中期(安定期)に行うのがベストです。それ以外の時期だと、さまざまなリスクがあるので基本的には避けるべきでしょう。ただし、むし歯や歯周病の予防に効果的な歯のお掃除はどのタイミングでも行えますので、体調と相談しながらぜひご活用ください。

初期(1~4ヵ月) 中期(5~8ヵ月) 後期(9ヵ月~)
切迫流産のリスクがあるため、基本的に治療は控えます。ただし、緊急を要する場合にはある程度の対応は可能です。 妊娠中期は安定期となるため、治療には最適な時期と言えるでしょう。特別なことがない限り、ほとんどの歯科治療が可能です。 陣痛などが起こる可能性があるため、後期の治療は基本的に控えます。産後、落ち着いた時期から治療を再開しましょう。

Pick Up! 定期的なクリーニングでキレイなお口へ

Pick Up! 定期的なクリーニングでキレイなお口へ

妊娠中であっても、歯のクリーニングは時期にかかわらず行えます。むし歯や歯周病の症状がなくても3~4ヶ月に1回はご来院いただき、専門家の目と手でしっかりチェックとケアを行ってもらいましょう。

予防歯科についてはこちら

出産前にキレイにしておくのがおすすめ

妊娠中はさまざまな原因から、お口のトラブルを招きやすくなります。特に歯周病は、出産やお腹の中の赤ちゃんの成長に悪影響を与えることも。そのため、出産前にしっかりと治療をしておくことが非常に大切です。

口腔内ケアが行き届かなくなる ホルモンバランスが変化する
つわりなどの影響で歯ブラシをお口に入れづらくなり、口腔内ケアが行き届かなくなります。そのため、むし歯のリスクが高まります。 妊娠中はホルモンのバランスが通常と変わり、お口の中で歯周病菌が繁殖しやすくなります。
食習慣が変化する 唾液量が少なくなる
妊娠中は食事を数回に分けて食べるようになる方も増えます。そのため、お口の中が常に汚れた状態になり、歯や歯ぐきのトラブルを招きやすくなります。 妊娠中は唾液の量が減ってしまう方が多いため、口腔内を洗浄する機能が弱くなり、むし歯や歯周病のリスクが高くなります。
注意したい妊娠性歯周炎

注意したい妊娠性歯周炎

妊婦さん特有の原因などによって起こる歯ぐきの炎症を「妊娠性歯周炎」と言います。発症すると歯周病菌がサイトカインという物質を出し、それが子宮の収縮を促進。その結果、早産や低体重児(未熟児)出産といったリスクを高めてしまいます。

妊娠性歯周炎がお腹の中の赤ちゃんに与える影響は大きく、なんと歯周病にかかると低体重児出産をするリスクが約7倍にもなると言われています。しかし、治療を行えばこのリスクを5分の1以下に抑えられるというデータも。妊娠中であったとしても、お腹の中の赤ちゃんのために歯医者に通い、しっかりと治療に取り組むことが大切です。

Pick Up! これから妊娠を希望される方は……

妊娠中の治療や口腔内ケアは大変なものです。そのため、今後妊娠計画がある方は、妊娠前にしっかりとむし歯や歯周病を治しておくことが大切です。また、定期検診と適切な予防処置についても努めるようにしましょう。

歯周病治療についてはこちら