むし歯や歯周病の最大の治療は予防歯科PREVENT

むし歯や歯周病の最大の治療は予防歯科

むし歯や歯周病は「治す」よりも「ならない」ことが重要です。そのためにご活用いただきたいのが、予防歯科です。痛い思いをせず、治療にかかる時間や手間やお金を「悪いところを治す」よりももっと有意義なことに使えるように、定期的に予防歯科を受診してお口の健康維持に努めましょう。お口のトラブルと無縁の生活を送りたい方、生涯にわたって自分の歯を失いたくない方は、二子玉川の「歯いしゃのケンさん」へお越しください。

予防歯科の重要性

予防歯科の重要性

詰め物・被せ物で治療した箇所を補えば、歯の機能を回復させることはできます。しかし、完全に元の状態に戻せるわけではありません。治療を続ければ歯にダメージが蓄積し、そのダメージが歯の寿命を大きく縮めてしまいます。装着した詰め物・被せ物も、永久に使い続けられるとは限りません。

わたしたち人間にとって、天然歯以上の技工物はありません。そのため、予防歯科は健康な口腔内を保つために最も重要な役割を担っていると言えるでしょう。いつまでも自分の歯と一緒に健やかな生活を続けるために、当院で予防に取り組みませんか?

定期検診を受けましょう

定期検診を受けましょう

むし歯や歯周病は初期段階では自覚症状がほとんどなく、気づいた頃にはかなり進行していることもあります。重篤な状態になるまで放っておけば、身体的・経済的な負担が増えてしまい、さらに抜歯をしなければならなくなるケースも。そうならないようにするには、歯科医院の定期検診でプロに詳しくチェックしてもらい、早期発見・早期治療に努めるのが得策です。

予防歯科メニュー

当院で行う予防歯科のメニューについてご紹介します。

PMTC

PMTC

毎日歯みがきを行ったとしても、歯や歯ぐきには取り切れないプラークや歯石が溜まっていきます。そうした汚れを徹底的に落とす歯のクリーニングが「PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)」です。PMTCは、細菌による頑固なネバネバ(バイオフィルム)や、茶シブやヤニといった着色汚れを落とすのにも有効です。

PMTCを行った後は歯の表面がつるつるになって気持ちが良いだけでなく、汚れの再付着も防いでくれます。処置に痛みはありませんので、エステ感覚で気軽にお受けいただけます。処置後には毎日しっかり歯みがきを行っていただき、3~6ヵ月経ったらまたご来院ください。

歯みがき指導

歯みがき指導

むし歯や歯周病を予防するにはご自宅でのケアが欠かせません。しかし、実は正しい歯みがきができている方は非常に少ないもの。そこで当院の予防歯科では、患者さんそれぞれに合わせた適切な歯みがき方法を指導しています。

上手な歯みがきのポイント

歯ブラシのヘッドの大きさ 人にもよりますが、歯ブラシのヘッドは小さいものの方が狭いところまで届きやすく、しっかりと歯みがきを行うことができます。
歯ブラシの毛の硬さ 普段ご使用になる歯ブラシは普通の硬さのナイロン毛が良いでしょう。歯ぐきに炎症がある場合には一時的にやわらかなものを使うと負担を抑えられます。
歯ブラシの握り方 鉛筆を握るような格好で、優しく歯ブラシを持つことが大切です。力を入れると奥歯の奥まで磨ききれず、ブラシの毛先が広がる原因にもなります。
歯みがきをする場所 鏡を見ながら歯みがきを行うことは、ご自身の歯の特徴を知るのに効果的です。プラークの溜まりやすい場所などに気づければ、より適切な歯みがきが行えるでしょう。
ブラシの動かし方 歯ブラシは3~5mm程度で小刻みに動かす方が効果的にプラークを取り除けます。早くみがこうと焦らず、しっかり細かく歯みがきを行いましょう。
  • もしもむし歯になってしまったら……
むし歯治療
  • もしも歯周病になってしまったら……
歯周病治療